ススキと青空

焚き火の燃料をいかに確保するか問題 動物の糞再び |ファームレポート 2019年11月21日(木)

ここのところ大きく方針転換をしているプリマヴェーラグリーンプロジェクトです。

5年ほど、作物栽培の可能性を模索してきましたが、その方向は私たちが進む道ではないことがわかりました。

自然の法則を観察することが、よりよく生きることにつながるという私の確信は確かなものになりましたが、それは、他の方法の方がいいということがわかりましたので、大きく方向転換です。

端から見ると自然のなかでただ戯れているようにしか見えないかもしれませんが、戯れることも本気でやることで進むべき道が見えてきたと思っています。

そんな最近の畑の問題は「燃料」です。

世の中では、サウジアラビアが石油依存から脱して、いわゆるグローバル経済に参加するという計画が始まっているようですが、私たちの現実は冬の寒さを凌ぐための焚き火の燃料問題です。

もっと具体的に言えば、木をいかに集めて、乾燥させるかという問題で、今日は裏山からたくさんの燃料を調達することができました。

薪の燃料(木・枝)
薪の燃料(木・枝)
薪の燃料
薪の燃料

そんな畑では、相変わらず野生の獣のふんが発見され、直接目撃したことはないですが、生態系が循環しているのだなと、改めて感じる次第です。

華炭作りと入り口整備とジャガイモ栽培準備|ファームレポート 2018年10月25日(木)

野獣の糞
野獣の糞

この日は、クルーの発案で個人的には最高のデザートをいただきました。

https://www.instagram.com/p/B5ILwFEBJba/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

ご飯は一般的に高級食材を使うほどいいとか、珍しいものほどいいとか、採れたてがいいとか、様々に言われますが、結局は「腹が減ってればなんでもうまい」というのが真実です。

ただし、この場合の「腹が減る」というのは、体も頭もしっかりと働かせるということです。なので、食事がうまいと感じれなかったら、働きが足りないなと考えるようにしています。

その上、この日は、野外で開放感を感じながら、創意工夫溢れるデザートをいただけて、とても刺激的でした。

人は、ちょっとしたことでも感動できるもんですね。

そのほかの作業は、全体的な除草、特に今回は、花壇周り。そして、レモンやムクゲなどの状況もカメラに収めました。

レモンの木の新芽
レモンの木の新芽
ムクゲ
ムクゲ

今回の動画は、芝刈り機で太い木を切断しようとした挑戦の記録です(笑)。創意工夫は楽しいのですが、今回はあまりにも無謀でした。

どうぞ笑ってやってください(笑)

大根、ブロッコリー、玉ねぎ、里芋

0 comments on “焚き火の燃料をいかに確保するか問題 動物の糞再び |ファームレポート 2019年11月21日(木)Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です