2018:12:20_hadano_9

畑の駐車場の柵作り①シート張り&鍋とピザ!焚き火で作る野外メシ|ファームレポート 2018年12月20日(木)

12月の畑の平塚市の様子です。

この日は久々のアウトドア飯に鍋とピザをいただきました。

一昨年くらいにも冬の畑で調理してご飯を食べたりしていましたが、久々にやったらまた別格でした。

ちなみに、今回はガスを使った火を使うのではなく、焚き火で調理したことでこれまでとまた違った経験ができました。

2018:12:20_hadano_2

2018:12:20_hadano_8

こちらはお世話になっている農家さんの温室。相変わらず直線が美しい空間です。現在は小松菜が生育中で、中は20度くらいあって非常に快適です。

2018:12:20_hadano_9

2018:12:20_hadano_3

2018:12:20_hadano_5

まさかの飯テロです。ゆずが効いた豚肉鍋と某コンビニのピザ。

ピザは化学調味料が入っているので、頻繁に食べないことをお勧めしますが、このピザは正直予想外に美味しかったです。角切りの豚肉がナイスプレーでした。

2018:12:20_hadano_11

そしてこちらはこの日作業した駐車場の整備の様子の「ビフォー」

柵があるところの地面に春の雑草対策として除草シートを敷きます。

下の写真が「アフター」。

mde

日没まで作業をしたので大分見辛いですが、除草シートを約11m分張りました。横幅は1.5m程。このサイズで、セットで購入したシートピン100本分が全てなくなりました。あとは何年持つか、シートの耐久年数が気になるところです。

次回はこのシートの真ん中に竹の柵を立てて行く予定です。

そのほかの作業としては、芝刈り機を使用し除草を引き続き行いましたが、若干一名がほとんど火の番をしていたために、大した作業はできずじまいでした。

薪を使った調理というのは非常に効率が悪ものなのだと、改めて思い知りました。当然ですが、ガスコンロではツマミをひねれば調整できる火力の調節も簡単ではありませんし、薪にしっかり火がついてから燃え終わるまでに、調理を終えなければいけないのでタイミングも大事ですし、何より、燃料となる薪を十分に用意しなければなりません。

薪割り用の斧とかないので、芝刈り機で器用に木材をカットして調達していました。もちろん長く燃える薪を用意するには、それなりに太い樹木を伐採しなければいけませんし、その木材は切り倒してから水分を抜くためにしばらく乾かさなければいけません。

クーラーでも石油ヒーターでも、ボタン一つで簡単に部屋を暖かくできるような現在の暮らしがどれほど豊かなものなのか、改めて実感できる体験でした。

この日は、16時過ぎには暗くて作業ができない状態でしたが、この二日後は、北半球の一年で最も日が短い「冬至」でした。

日没時間は12月上旬が最も短いようですが、日没と同時に、気温も一気に下がって行きました。

天候データ

晴れ
気温15℃
月齢 12.8(中潮)
南の風約1m

0 comments on “畑の駐車場の柵作り①シート張り&鍋とピザ!焚き火で作る野外メシ|ファームレポート 2018年12月20日(木)Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です