garden_dairy

秋の庭の雑草と放置した土壌の報告 サギゴケ コガネムシの幼虫、謎のロゼット|Garden Dairy 2019年9月20日

2019年 9月20日 月齢20.7(中潮)

最低気温(℃)19.0
最高気温(℃) 27.3
日照時間(h)7.8

出典:気象庁ホームページ 、こよみのページ

9月に入ってからの所沢周辺の天気は、一気に秋に様変わりし、秋の雨も数日おきに降ってます。

台風15号(フォクサイ)が9月9日の明け方に関東上陸し、所沢でも、台風らしい暴風雨を感じました。

実はその翌日に所沢は雨が少なめの落雷がありました。光って間髪入れずに音がなるという、まさに雷雲が真上を通過したのは久しぶりでしたが、不思議と停電にはならず、助かりました。

その次の日11日もゲリラ豪雨がありましたが、それよりも、千葉県で大規模な停電と断水が発生して大問題となっています。

ということで、この週は、昨年からずっと観察していた土を整理しました。

昨年2018年には野菜や果物のカスなどを投入して肥えるようにしていきました。

コンポストのように集中的に微生物の繁殖を増やすことはしませんでしたが、今回わかったことは長い時間をかけて土はその環境に合わせた状態に変化していくということでした。

当たり前といえば当たり前なのですが。

土の整理
土の整理

除草シートの上に盛り上げる形で置いていた土は、ほとんどが神奈川の畑から持ち帰り、一度、作物栽培で利用したものでした。

それをただシートの上に置いておくだけで、ずっと観察していました。

その土を掘り返してみると、ミミズやコガネムシの幼虫などがいて、土もいい感じの黒さになっていて、肥えているようでした。

2019年9月下旬の雑草
2019年9月下旬の雑草

上の写真の土の生えている雑草をここで一覧にしておこうと思います。

カタバミ
カタバミ

クローバーのような葉っぱの形をしているのが「カタバミ」。黄色い花を咲かせます。クローバーとの見分け方は、葉っぱに白いも模様が入っているのが「クローバー」で、入っていないのが「カタバミ」

庭でよくみるヤマトシジミの幼虫がこれを食べているそう。

続いてはこちら

トキワハゼ?サギゴケ?の白い花
トキワハゼ?サギゴケ?の白い花

ちょっと小さいですが、真ん中の白く小さい花がサギゴケの花。

ゴマノハグサ科のツタバウンラン(コロセウムアイビー、ツタカラクサ)に似ている、ラッパのような形の花ですが、トキワハゼはハエドクソウ科。

これは「トキワハゼ」と非常に似ていて、非常に小さいので「トキワハゼ」かと思いましたが、花の様子などをみるに、やはりサギゴケと結論できるものでした。

この花なんだ【トキワハゼ/ムラサキサギゴケ/カキドオシ】(すわ)

続いては

コガネムシ?の幼虫
コガネムシ?の幼虫

「コガネムシの幼虫」と思われる幼虫です。

今回土を入れ替えている中で、10匹ほど目撃しましたが、きっともっといるはずです。

ただ放置していた土ですが、美味しそうな土になっていました。

ただし、以下のような場合はコガネムシの幼虫による食害の可能性もあるとのこと。

〜以下こちらから引用〜

発見のポイント
次のような兆候が見られたら、コガネムシの幼虫の食害を疑ってみると良いでしょう。

  • いくら水を与えてもすぐにしんなりする
  • 普段は固い土が、急にふかふかし始める
  • 鉢に生えていた雑草が急に枯れ始める
  • 鉢底から細かい土が落ち、土の量が減ってくる

〜引用終わり〜

また同時に、コガネムシの幼虫がいる土は非常に良質な土だということでもあるそうで、実際にコガネムシを取り除いた土で育てるとよく育つという意見もあるそうです。

養分があるところに生物も集まるけれど、同時に害も及ぼすというよくあるお悩みですね。

この対処として、完全に害虫を排除するという方向と、生態系を本来ある状態にするという方向の二種類の対処法に分かれると思われます。

もっと簡単にいえば、農業大手のグローバル企業の「シンジェンタ」や「モンサント」は、人間の知恵で害虫をコントロールする方向。

反対に、古代品種などを利用した有機農業などは、その耕作地の生物の多様性を維持することで、害虫を食べる虫もしっかりと存在させて、その虫を食べる小動物までも存在している状態が一番いい状態だとして、人間は、その生態系維持のために環境を整えるという取り組みもあるようです。

次はこちら

ヒメシバ?
ヒメシバ?

調べてみても詳しくはわかりませんでしたが、よくみる雑草で、イネ科っぽい雑草ということでここでは「ヒメシバ」と断定しておきます。

細長い茎と笹の葉っぱのような葉が特徴の雑草で、よくみる雑草でその上、匍匐性があって非常に除草しづらい、嫌な雑草です。

謎のロゼット
謎のロゼット

「謎のロゼット」似てるものすら見つけられません。なんのロゼットなのでしょうか。ロゼットではないのでしょうか。

0 comments on “秋の庭の雑草と放置した土壌の報告 サギゴケ コガネムシの幼虫、謎のロゼット|Garden Dairy 2019年9月20日Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です