DSC_0041

偉人

こんにちは オーガニックグリーンスーパーバイザー タカハシです。

いつもありがとうございます。 最近読んでいる本。

「熱血!日本偉人伝~歴史に虹をかけた人たち~」 著者は三波春夫

三波春夫(みなみはるお)さんは兵隊として戦争に行っていた。 戦後日本に帰ってきてから歌手へ。 「お客様は神様です。」 と言う名言があります

いつもニコニコ、キリッした歌いっぷりがカッコイイ。 そして、歌手なのに、本も結構書いてる。 とにかくいつの間にか好きになっていました。 今騒いでいる、日本で2回目になる、2020年東京オリンピック。

1回目のオリンピック(1964年)ときのテーマソング 「東京五輪音頭」 を三波春夫さんが唄ってます。

前置きが長かなりましたが、読んでる本。日本の偉人として、 大石内蔵助 勝海舟 聖徳太子、卑弥呼(日霊子) などを挙げていますが、これらの偉人は三波春夫さんが唄ったうた(半分劇みたいな浪曲とか)の登場人物だったりします

赤穂浪士討ち入り事件「忠臣蔵」の大石内蔵助や、今も続いている北方領土問題を丸く収めようとしていた、貿易商「高田屋嘉兵衛(たかだや かへい)」(船乗りテクがハンパないらしい)そして、現在のこの国の思想的な基礎を作り上げた「聖徳太子」 これらは本当に 「日本は素晴らしい」 と言うことを物語っています。

自分が生まれたこの国には本当に素晴らしい思想がある。 名もない人の中にも、偉大な人はいる。 政府のために国のために民間人がそうしていたのです

官僚とか政治家に尊敬できる人ってなかなかいません。 でも、私には大学教授や音楽家や美術家、芸能人など、本当に素晴らしい方々を多々知っています。

その土壌を創り上げたのは、過去のこうした「偉人たち」なのだと、感慨深く読んでいます。 血族の時代は終わりました。 例え、血が繋がっていても、一人一人が全く違う好みを持ち、一生を送る時代です。

あなたが偉大だと思う人は周りにどれだけいますか? きっとそれがあなたが豊かかどうなに関わっていることでしょう。 これを読んでくれる方は私にとって偉大な人です。 その事に本当に感謝します。

オーガニックグリーンスーパーバイザー タカハシ