20150521_465

信じなくていい話

オーガニックグリーンスーパーバイザー タカハシです。

いつも本当にありがとう御座います。 信じなくていい話します(笑)   自分に出来て他の人には出来ないということがあります。  

例えばですが私に近づけて言えば、私は作曲が出来ます。 私はなんで曲を作れない人がいるのかわからず、その人をちゃんと理解していませんでした。 今は、その人が曲を作れないのは他に「得意なこと」があるんだとしっかり理解できた。 そして私は曲を創ることが楽しくて仕方がない。

その曲で皆を楽しませることができたらもっと楽しい。 そして私は今、プリマヴェーラでテーマソングを担当させて頂いています。 そうなりたいと願ったのは私で、本当に願うと現実になるんだと実感しています。

そして私は、その御蔭でプロになることがどういうことか知ることができたんです。 好きな作曲ですが、曲を作っていると試練がいっぱいあるんです。 でもバイトして日々刺激のない生活をするより、やりたいことを真剣にやると血の滲むような試練も、さして苦にならない。

だってその御蔭で「そのやり方は通用しない」ということがわかったのだから。 自分の未熟さが本当に身に染みてわかってありがたい。 人間国宝になったひとでも「まだまだです」という人がいます。

一つのことを長くやっていれば、得意になって調子に乗ろうとするけど、私は音楽を20年くらいやったけれど「まだまだ」知らないことだらけ。 でも音楽と付き合ってなかったら、何も学べなかったと思うのです。

ここから信じなくていい話です(笑) 私は神に音楽をやれと言われているんだと最近分かりました。

以前クラリネットやサックスをやっていた時期に割と簡単に音を鳴らすことができたんです。 私は吹けるのが当たり前と思っていたところに母親が「なんでそんな簡単に吹けるの?」と言っていて、それは過去世(前世)にも私の魂は、楽器を奏でることを勉強したことがある。

だから簡単に吹けたんです。 そして、母親は過去世にも楽器を勉強したことがないから吹けない。 楽器が吹けるから吹けない人より凄い、とかそういう話ではないです。 要は、魂は不滅だということなんです。

私は今世で音楽を作れる才能を与えられて、それをしながら魂を成長させている。 そしてそれが私がイキイキ、楽しく、幸福に、豊かに生きるためのチケットのようなもの。 今世は一度切りです

死は誰にでも平等に与えられたもの。

その死まで私はワクワク、幸福に、周りの人を一人でも幸福に出来るように魂を成長させていただきたい。 どうすれば、周りの人が本当に喜んでくれるのか、どうしたら、本当に人の役にたてるのか。 今僕はそれを学ばせてい頂いています。 自分の才能を開花させるのは自分です。

まずは、自分の才能を知ってあげてください。 プリマヴェーラの一人ひとりが幸福になることが、プリマヴェーラ東京が幸福になること。 それを信じています。 そしてこの奇跡のような環境に感謝しています

愛してます。 ツイてる。 嬉しい。 楽しい。 感謝してます。 しあわせ。 ありがとう。 許します。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

オーガニックグリーンスーパーバイザー タカハシ