garden_dairy

添加物の多いお菓子でADHD 注意欠陥 多動性障害は作られる|データ偽装が専売特許の支配者に騙されないために(後編)

前回の記事から続きです。

前回の記事では、製薬会社や企業が、医療界をどのように作ってきたのかをご説明しています。

アトピーアレルギーは企業と国が大衆管理目的に作ったもの|データ偽装が専売特許の支配者に騙されないために(前編)

言葉足らずのところもありますが、商人と国、下級役人などが結託して、「医療」という分野で知識のない人々を騙してきた。簡単にいうと、そういうことで、しかも、それは今もなお、絶賛営業中。

総務省が「データ捏造」をしているように、庶民にはわけのわからない理論を取り出して、「西洋医学は素晴らしい」と言い続けている。

果たして、西洋医学は100%素晴らしいのでしょうか。

アフリカ労働者がエボラウイルスを打たれ、殺されている

医療界とともに、人々を惑わすビジネスを堂々と行なっているのが「宝石業界」です。宝石と薬が遠いものだと思われるかもしれませんが、これはどちらも植物や鉱物という「自然界」にあるもので、さらに、化学的な研究が必要なものです。

ダイアモンドの鉱山で、安すぎる賃金に抗議した黒人たちに言うことを聞かせるため、企業(赤十字社)が国と連携して、軍隊を送り込み、恐怖で労働者たちに言うことを聞かせた。それでもダメだったので最後の手段として「エボラウイルス」を打ち込みました。

その時に発生したのが「エボラ出血熱」です。

エイズの年間死亡者数160万人。マラリア60万人。エボラ熱は現在4555人。なのに、なぜエボラ熱だけこんなに騒がれるのですか。

エボラ熱騒ぎの最大の目的は、ロスチャイルドが西アフリカにあるダイヤモンド原石を独占すること。

〜以下こちらから引用〜

理由2:シエラ・レオネは世界最大のダイアモンドの供給国です。過去4ヶ月の間、人々は恐るべき作業条件と奴隷のような賃金に反対してダイアモンドの供給を拒否し、ストライキを行っています。人々を永久に安い 奴隷労働の源として確保し、穀物袋と外国からの援助に頼らせるために、西側はこの資源に対して正当な賃金を支払っていません。

シエラ・レオネの土地に軍隊 を送り込む必要があるもう一つの理由は、ダイアモンド鉱山のストライキを終わらせる事です。このようなことが起きたのは初めてではありません。鉱夫が作業を拒否すると軍隊が送り込まれ、鉱夫全員を殺害して代わりの者を送り込んだとしても、唯一の目的はダイアモンドを国の外に送り出す事だけなのです。

もちろん、これらの国々に別々の理由で侵入するためのいくつかの作戦はうさんくさいものです。しかし、エボラのような理由なら全地域に同時に侵入出来ます。

〜引用終わり〜

これらグローバル企業のことは、調べれば調べるほど、彼らが人間のことを「モノ」だとしか思っていないことが、ひしひしと伝わってきます。

人をモノとしか考えていないのは「細川家」や「麻生家」「近衛家」といった日本の氏族、そして、彼らと親戚関係を結ぶヨーロッパの貴族達です

具体的に言えば「ロスチャイルド家」や「ハプスブルク家」などがそれに当たります。

特殊な研究ができる「検査機器」のない私たちが、化学的な方法で、証拠を出すことはほとんど不可能です。

しかし、シエラレオネの「エボラ出血熱」が、実はダイアモンド採掘のため、現地の労働者に言うことを聞かせるための方法で、「賃金が安い」と、ストライキを起こす人々に労働させるために、「ウイルス」を利用したと言うことが明らかになっています。

このような方法で「証拠」を積み上げることで、私たちは、私たちが嘘の世の中で暮らしていることを知ることができます。これは、インターネット、しかも「検索」によってしか知ることはできません。

エドワード・ジェンナーなど、西洋の医学の話には、それが具体的にどう使われたというものが少なく、「使って効果があった」だから「近代医学の父」という根拠に乏しい記述ばかりです。

おそらく、重要なデータは公にせずに、様々な国で人々を意のままに操るために利用したのでしょう。それは時にガス兵器になり、食品添加物・化学調味料となっているというのが私の推論です。

特に食品添加物は、どれが「毒素」なのかを見極めるのがほとんど不可能です。そもそも、現在の「薬」と言われるものは、治癒もさせますが、同時に毒でもあるからです。

薬は根本的にいい方にも悪い方にも使える、非常に危うい者なのです。

しかし、このように歴史的に同じ一族がやってきたことを見ることで、彼らがいかに人々を騙し、誰もが「悪」と思うことを行なっていたことが明らかになっています。

最後に、一つ普遍的な健康のあり方についてご紹介しておきます。

集中力と食事と病気の関係 日野原重明の健康食

世の中では「大盛りが安い!」と言われると「安くて腹一杯になれる」と、喜んでいる人も多いかも知れません。

しかし、外食産業の食品にはどんなものが入っているのかは一切表示する義務がありません。それがどう言うことを意味するのかと言うと、大衆を「バカ・白痴」にさせる必要があるからだと考えられます。

特に日本人は「一日3食」を律儀に守っていますが、これは明らかに食べ過ぎです。

聖路加病院といえば、芸能人や著名人御用達の病院として有名ですが、かつての院長、日野原重明もまた、これまでに紹介してきたような、医療利権に深く絡んでいる人です。

小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)

つまり真実を知りながら、本当のところを大げさには広げない。

そして彼は、大食が健康に悪いと知っていたからか、とても少食だったそうです。

〜以下こちらから引用〜

食事は夕食をメインにしたものであった。朝食はジュースにオリーブオイルをかけて飲み、昼食は牛乳、胚芽クッキー、林檎だけで済ませた。夕食は週2回は肉、他は魚と少し多めに食べ、その日の体調に合わせて食べ物を変えた。日野原曰く「集中していれば空腹にならない」。

〜引用終わり〜

「集中していれば空腹にならない」

と言うのは、真実だと感じます。しかも、空腹で有れば集中力が研ぎ澄まされ、仕事など様々なことが捗ります。

そしてこれを裏付けるかのように、子供の「注意欠陥・多動性障害」が、食品添加物にあることが、いくつかの国で正式に認められています。

〜以下こちらから引用〜

2007年にイギリス政府は、食品添加物の合成保存料の安息香酸ナトリウムと数種類の合成着色料が子供にADHDを引き起こすという研究を受け、これらを含むことが多いドリンクやお菓子に注意を促している。2008年4月には、英国食品基準庁 (FSA) はADHDと関連の疑われる合成着色料のタール色素について2009年末までにメーカーが自主規制するよう勧告した。ガーディアン紙での報道では大手メーカーは2008年中にそれらを除去する。

自主規制対象のタール色素:赤色40号、赤色102号、カルモイシン、黄色4号、黄色5号、キノリンイエロー

2006年、5000人以上と規模の大きい研究で砂糖の多いソフトドリンクの摂取量と多動との相関関係が観察された。

〜引用終わり〜

タール色素の「タール」はタバコの「タール」です。「タール」は当然「毒」です。

アレルギーアトピーの原因はヒ素なのか?なぜか似ている慢性症状|Garden Dairy

子供のうちから、これらの毒に触れさせているからこそ、おかしな子供ばかりになっているのかも知れません。と言うかこれが真実でしょう。

お菓子が好きだからといって何でもかんでも買って食べさせる、それはつまり、子供を「バカ・白痴」にさせていると言うことです。その上、昔に比べ体を動かすことが減ったにも関わらず「一日3食」も食べさせていれば、様々な病気にかかるのも当然です。

支配者たちが集う会議で発表された「シオンの議定書」と言うものがありますが、これはまさに現代の日本と世界の姿そのものです。

彼らは人を「モノ」としか考えない一族です。彼らは人のことを「ゴイム」と呼んでいます。アルコールに酔いしれて、痴呆状態になり、性的に堕落している人間は全て彼らにとっては「ゴイム」、つまり、ただの「モノ」です。

このような彼らの支配を終わらせるためには、これらの真実に気づいていく他にありません。

〜以下こちらから引用〜

飲酒で馬鹿になりアルコール漬けになった動物どもを見よ。自由がかれらに節度なき飲酒の権利をもたらしたのである。それはわれわれやわれわれ一族の歩む道ではない。ゴイム々はアルコール飲料に酔いしれ、かれらの若者たちは因習陋習とごく若いうちから性的堕落に痴呆状態となって成長する。その性的堕落は、われわれの特別な代理人・・富豪の邸宅の家庭教師、下男、女性家庭教師によって、書記その他によって、しばしばゴイムの娯楽場にいるわれらの女性たちによって手ほどきされた。かれら代理人の最後に、私は、頽廃と奢侈に他の者たちを引き込む尖兵である、いわゆる「社交界の貴婦人たち」も入れておく。

われわれの合い言葉は・・力と偽善である。特に力が、政治家に本質的に必要な才能の中に隠されているならば、力のみが政治的諸問題を克服する。暴力は原則でなければならず、新権力の代理人の足もとに王冠を置こうとしない政府に対しては欺瞞と偽善が鉄則でなければならない。この悪は終局である善に達するための手段にすぎない。それゆえに、われわれは、目的達成のために役立つときは、贈収賄、詐欺、裏切りをためらってはならない。政治の上では、支配権を握って屈伏させるためならば、躊躇なく他人の財産を奪い取る方法を知っていなければならない。

〜引用終わり〜

前編はこちらです。

アトピーアレルギーは企業と国が大衆管理目的に作ったもの|データ偽装が専売特許の支配者に騙されないために(前編)

0 comments on “添加物の多いお菓子でADHD 注意欠陥 多動性障害は作られる|データ偽装が専売特許の支配者に騙されないために(後編)Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です