garden_dairy

雛鳥の死骸、ビタミン菜、山ゆりの種まき|Garden Dairy 2019年3月16日

2019年3月16日(日) 月齢 9.5 (小潮)上弦二日後

最低気温(℃) 3.5
最高気温(℃) 12.3
日照時間(h) 4.9

出典:気象庁ホームページ

前回記事の7日以降の埼玉南部の気候は寒暖差の大きい日々だったようです。日中の気温は二桁が続く日が多くなりましたが、最低気温は5度以下も多く、9日にはマイナス0.5度を記録しています。

18日から春の彼岸入り。特に何もしませんが、畑の方ではジャガイモの植え付けをする予定です。

地植えと鉢植えのツタバウンラン

この時期は日中暖かいこともあってか、二階の北側の寒々しい部屋に置いてある「ツタバウンラン」も、一気に開花しています。

二階の窓べの鉢で育ち開花ツタバウンラン(2019年3月)
二階の窓べの鉢で育ち開花ツタバウンラン(2019年3月)

この鉢の元々の苗である、日陰の庭の地植えされている「ツタバウンラン」は、向かい側の家の日陰になり、日中に日が当たらないことから、いまだに花は一つも咲いていません。(写真はギャラリーにあり)

種まき「山ゆり」「バジル」「柑橘類」「胡麻」

見出しの通り、いくつか種まきをしました。特に手入れをするものではなく、観察のためにほとんど何もするつもりのない実験用です。山ゆりは花が咲くまではに数年かかると言われているので、もし発芽したら気の長い観察になると思われます。

3月13日に蒔いた山ゆりの種
3月13日に蒔いた山ゆりの種
種まきした胡麻、柑橘類
種まきした胡麻、柑橘類

ビタミン菜、チューリップ、雛鳥の死骸の発見

そのほかにはでは、冬前に植えたチューリップがすくすくと伸びています。

11月頃に植え付け発芽したチューリップ
11月頃に植え付け発芽したチューリップ

そのほかにも、ビタミン菜がいまだに青々と生育しているのが意外でした。一時期、しなびて枯れたように見えたのですが、雨が降ってから吹き替えしています。

二階のベランダのあるあたりの真下の庭に、ヒナ鳥の死骸を発見。この写真を含め、そのほかの写真はギャラリータイトルをつけてにまとめました。

0 comments on “雛鳥の死骸、ビタミン菜、山ゆりの種まき|Garden Dairy 2019年3月16日Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です