garden_dairy

12月に実をつけるトマト。晴天の虹と不思議な夕陽|Garden Dairy 2018年12月7日(金)

12月7日(金)新月

最低気温(℃)8.2
最高気温(℃) 15.4 
日照時間(h)1.4

出典:気象庁ホームページ

ここのところはすっかり冬。まだまだ寒さは厳しくはありませんが、日照時間が少ないからか寒々しい印象です。

4日と6日に少し雨が降りました。

そんな中、世の中は水道民営化や外国人労働者をもっと働かせることができる入国管理法も可決され、運用段階へ向かっています。

TPPは未だほとんど報道されず、ただ物の値段が下がるということだけが一人歩きしているような気もします。対照的にゴーンショックは再逮捕が決まり、西川社長にも共謀の嫌疑がかけられ、日産の会社自体も、虚偽を見抜けなかったことを理由に裁判沙汰となるようです。

これを書いている12月10日は、日本最大の投資機関と言われる「産業革新投資機構」の社長と近しい取締役の9人が一気に辞職するというニュースも入ってきました。それもわずか2ヶ月前に新たに経営体制を変えた直後のことで、経済産業省との間に相当な軋轢があったようです。

この産業投資機構の主要株主(95.3%)が財務大臣、つまり麻生太郎だということもかなり重要なポイントです。

その出資案件を見ると、iPS細胞やガン、水事業や原子力、太陽光発電というキーワードも多く登場しています。が、ツイッターのつぶやきによると、その経営が赤字だったそうです。

産業革新投資機構

ということでここのところのグリーンについてです。

11月28日(水) 食べきれない柿

IMG_1305

微生物とはなんなのか?ということを今一度アカデミズムに頼らずに知りたいという思いから、度々このようなことをするのがグリーンプロジェクトの使命です。

自然の摂理は、自然科学が言っていることが全てではないと感じますし、ダーウィンの進化論に矛盾が発見された今となっては、その理論の土台を取り去った状態で、自然を見直す必要があるからです。

12月2日(日)干し柿・謎の紫の実

IMG_1359

こちらは干し柿用の柿を使った「干し柿」の乾燥中。11月20日から干し始め、12月2日でおよそ2週間が経過。順調です。

干し柿作り開始。ビタミン菜の適当栽培を記録中。|Garden Dairy 2018年11月25日(日)

IMG_1358

こちらは、散歩道で見かける謎の実。蕾のようにも見えたのですが、他の個体を見て開いているようなものは見つかりませんでした。

とりあえず持ち帰ったひとふさでこの量です。勝手に命名して「ツボムラサキ」として今後も報告していく予定です。

12月3日(月) 夕方の雨のない中の虹

今日は夕方の四時頃に虹が見えた日でした。不思議だったのは雨も降っていないのに見えたこと。きっと湿度が高いことと、不思議と日差しの強く感じる夕陽に関係があるのかと思いますが、その全容は謎です。今後の研究材料です。

そしてその日の夕陽が以下の写真です。

夕日 2018/12/03
夕日 2018/12/03

12月7日(金)トマト・ビタミン菜・柑橘類

IMG_1381

柑橘類の葉っぱが、秋あたりにアオムシたちに完食されましたが、その後順調にはが咲き戻ってきています。一度食べられた葉っぱは、先端から咲き直すという特徴がわかりました。

NPO制度と紙と識字率とアオムシに全滅させられた柑橘類の葉っぱが再び芽生えてきました|Garden Dairy 2018年10月27日(土)

IMG_1380

こちらは適当に蒔いたビタミン菜。この時期でも虫食いはなくなりません。

グランドカバーの切り詰め。ビタミン菜の種まき|Garden Dairy 2018年10月16日(火)

IMG_1378

こちらはトマト。予想通りすっかり枯れて、着き始めていた果実も消えて無くなってしまいました。

実から発芽のトマトに花がつく。オオミズナギドリは可愛い|Garden Dairy 2018年10月30日(火)

しかし、散歩道で見かけた地植えのトマトは、この時期でもしっかり実をつけていました。

それはイタリアンレストランが店の敷地内で栽培しているミニトマトでしたが、原産地のトマトに近い、寒さに耐えた甘いトマトかもしれません。

0 comments on “12月に実をつけるトマト。晴天の虹と不思議な夕陽|Garden Dairy 2018年12月7日(金)Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です