家庭菜園

チューリップ栽培記録。冬は日陰の一軒家の庭でもできる、半年間の基本的な栽培方法

家庭でのチューリップの栽培・成長の記録です。

一軒家の小さな庭で栽培し、冬はほとんど一日日陰で、夏はほぼ日向という条件です。

チューリップを植え付けた2017年から2018年の開花までを記録しました。

チューリップ球根の植え付け 2017年10月26日

チューリップ植え付け
チューリップ植え付け

ホームセンターで売っている肥料入りの培養土と、球根の肥料を施肥しました。2m×1mほどのスペースに20個ほど定植し、水やりは表面が乾いたらと言う基準で行なっていました。

チューリップ球根の出芽確認 2018年2月3日

球根を定植してからおよそ3ヶ月目で全体的に発芽を確認しました。

発芽確認をしてしばらくしてから、新たにホームセンターで買ってきた培養土を追加しました。使った土のメーカーはこちら

リクシルビバ 花と野菜の培養土(2018年3月12日)
リクシルビバ 花と野菜の培養土(2018年3月12日)

パッケージ裏面はこちら(画像が横向きになってます。ご了承ください。)

チューリップの出芽確認
チューリップの出芽確認
チューリップ出芽
チューリップ出芽

発芽から約40日後には葉が大きく生育して、このまま花が咲かずに終わるのかと思ったほど、葉っぱが立派に育ちました。

この少し前に花や実に効く、リン酸(P)が多めの肥料を与えました。油粕を利用したものです。

チューリップ 2018年3月16日の生育の様子
チューリップ 2018年3月16日の生育の様子

チューリップ開花 2018年4月1日頃

数日前からいくつか咲き始めていましたが、4月1日に以下のように咲きそろいました。

チューリップ (4月1日ころ開花)
チューリップ (4月1日ころ開花)

気温が高すぎると花びらが開きすぎて不恰好になってしまう個体もありましたが、色とりどりに綺麗な花を観賞することができました。

しろチューリップ (4月1日ころ開花)
しろチューリップ (4月1日ころ開花)
ピンクチューリップ (4月1日ころ開花)
ピンクチューリップ (4月1日ころ開花)
赤チューリップ (4月1日ころ開花)
赤チューリップ (4月1日ころ開花)
黄色チューリップ (4月1日ころ開花)
黄色チューリップ (4月1日ころ開花)

まとめと感想

今回チューリップをお世話して、改めてその美しさに驚嘆しました。

どこにでもあるようなスタンダードな園芸の花ですが、かつては「球根バブル」が起きたと言うほどに人間を魅了したと言うその美しさを実感しました。

さらに人間が品種改良してここまでに素晴らしものができると言うことに、改めて感慨深くもなりました。

「花を描いてください」といった場合ほとんどの人がチューリップの絵を描くのではないかと言うほど、花=チューリップと言うイメージなっている「チューリップ」というもののすごさ、美しさを実感する機会をいただけたことに心から感謝です。

0 comments on “チューリップ栽培記録。冬は日陰の一軒家の庭でもできる、半年間の基本的な栽培方法Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です