green,primavera.logo.2018.p

自然栽培と健康は繋がるのか。身の丈にあった食事の重要性と食品の嘘と本当

信じていたものがすべて嘘であったときあなたは何を感じますか。

私は健康食品や自然栽培に興味を持ってそのことを調べれば調べるほどわからないことがどんどん増えていって、アトピーを発症するという結末を辿りました。

そして、今わかっていることは、健康とは「今あるものに感謝し、過剰なことをしないこと」だけだということです。

思い出せる限りで私が体験したことを振り返ると、若杉バァちゃん、めだかの学校、ナチュラルハーモニー、内海聡、木村秋則、銀座まるかん、東出融、キラ農法といったところが浮かびます。

これらの基本にある、自然本来の治癒力や生命力を最大限にか引き出すという理念があると思います。

そしてこれらの裏側には、殆どの場合宗教や宇宙人の存在、そして、巨大権力の存在があることも知りました。

特にロハスというムーブメントはとてつもなく大きな産業として運用されています。

自然栽培は嘘か本当か?正しい農業・食事とは何か?ロハスにダマされないようにしてください

これまでのものをいい経験だとして、その中に入っている真実と嘘を見分けていくことが重要です。ここでは簡単にそれらのことを振り分けてみることにしました。

まず確かなことは、化学調味料が入っている食品の多量摂取は、異常な体調不良になるということを確認しています。

私はポテトチップスが好きなので、時たま2袋買って食べたりします。すると、まず顕著な兆候として、便通が普段より遅くなります。そして、出て来る便はとてもヒョロヒョロなものです。

腸をいい状態にしておくことが、健康にとっていいと言う説を唱えている藤田紘一郎という方がいます。

一生太らない体をつくる腸健康法【アマゾン】

このことを基準に、およそ4年ほど便の状態を見ながら得てきた経験からいえることは、加工品や化学調味料の入ったものを食べるほど、便が理想的なものとは正反対の状態になります。

一時期青汁を飲んでいたときは、非常に大きな便が出ることもありました。

しかし、加工食品や化学調味料の多いものを食べたあとは硬い便や細長い便などが出て、スッキリとした感覚がありません。

ツルッ、スルッが調子のいいときですが、調子の良くないときは踏ん張って踏ん張ってやっと出るということを何度も経験しました。

以上のような経緯から、それらのものの摂取にはやはり制限を設けるべきだと思います。

更に、一時期、自動販売機のミルクコーヒーの美味しさにハマり、4日ほど連続して毎日飲むという時期がありました。すると、その後頭痛が起こりました。

何が頭痛に作用しているのかはわかりませんが、このような事もあるのだなと驚いたことでもありました。

ちなみに、私は普段は家で母親が作る手料理を食べています。その中には化学調味料の使ったものもありますが、殆どは出来合いのものではなく、いちから調理されたものです。

そして、ほぼ毎日飲んでいる、豆から淹れるコーヒーについては、確かに飲まないとスッキリするという実感はあります。私は、飲んだあと背中のあたりがこる感覚がありますが、コーヒーを飲まない場合はその感覚が薄れるように感じます。

ペットボトル飲料、化学調味料がふんだんに使われているもの、加工食品、豆から淹れるコーヒー。

これまで見てきたことで、私は「だから食べるのをやめよう」と言いたいわけではありません。それぞれにあった選択をすればいいと思っています。

その中でもポテトチップスなどの調理してから時間の経った加工食品は、(確か)インドのアーユルヴェーダの考えでは調理してすぐに食べることが一番体に負担がないと言われていることから、より体に負担がかかるものと言えます。

それでも私は食べたくなったときには食べることを自分に許しています。

私が強調して言いたいのは、食品を選ぶことに神経質になり、それが逆にストレスになることがあるということです。

一時期、夜遅い仕事のあとに、コンビニでお酒とスナック類とホットスナックという食生活を続け、その他のストレスや、食品に対して神経質になりすぎて、アトピーを発症しました。

食べたいと思うものは、程よく食べて、基本的には手料理をすることが私にとっての現在のベストな状態です。

自然栽培の中には本当のこともあれば嘘のこともあります。

その中でも、あるところから購入して一時期食べていた玄米を2014年に一度炊いて、冷ましてから冷蔵庫に3年(2017年現在)に渡り保存しているお米があります。

それは今では、発酵した香りがして、未だ腐ったり、かびたりしていません。

そのことだけは本当に驚きです。肥料というものも完全にいいものではないと言えるようです。

あんしんのおいしさを食卓へ。

[出典]

かと言ってすべての自然農法がいいと言いたいわけではありません。

それぞれが見合ったものを見つけられることを願っています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

オーガニックグリーンスーパーバイザー タカハシ

0 comments on “自然栽培と健康は繋がるのか。身の丈にあった食事の重要性と食品の嘘と本当Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です